思い出の味

愛想のない、寡黙な父親がいつも作っていた男の料理。
余所余所しく父親に遠慮していた子供時分、父親の手料理をつまんで旨いなぁと思っていました。
遠い記憶を頼りに再現してみた炒り豆腐。
かなり近い。次は完璧か..


今朝ほど父親の朝食にと持って行きました。 案の定、薄味らしく醤油をかけていた..

コメント投稿期間が終了しました。